第3分団


 

我々第3分団は、小川分団長のもと、総勢29名で活動しています。

 
第3分団では、担当地域により2部に分かれており、さらに自治会毎に5班に分かれた体制となっています。第3分団の担当する地域は主に市街地の西側一帯で、通称本郷・大河原・通称河原町、通称宮元町・通称三丁目・茜台二丁目・茜台三丁目を担当しています。現在の町名では「飯能」「大河原」「山手町」「久下」「茜台の一部」「仲町の一部」「稲荷町の一部」「本町の一部」「八幡町の一部」が該当します。現在、可搬ポンプ(車両から下ろして運べるポンプ)とそれを積む積載車が各部に一台ずつ配属されています。活動としては管轄地域の安全、火防のパトロールを定期的に行っており、管轄地域で火災や災害があれば出動して消火活動などを行います。また、隣接分団(1分団、2分団、4分団、6分団、7分団)で火災等が発生した場合もその規模によっては出動する事もあります。その他、普段から規律、体力、知識を訓練で養い有事に備えたり、地域では防災訓練などの行事に協力、参加して貢献しています。
 

平成30年度トピックス

2018.11.24(土) 飯能消防団特別点検
平成最後の「飯能消防団特別点検」が晴天の中行われました。当日は朝早くセンターに集合して、訓練の朝練習そして車両磨きの仕上げを団員みんなで協力して一つの目標に向かって頑張りました。3分団は「服装規律の点検」で小川分団長の指揮のもと、一人一人の意識の高さの証明と物凄く気合の入った最高の動作ができました。そして1部2部とも車両や機械器具を当日の朝までピカピカに磨き最高の評価をいただくことができました。「器具愛護」に関してはその場限りの小手先の努力ではすぐにばれてしまいます。我ら3分団は年間を通して訓練終了の度に一人一人の団員が毎回手入れをしっかりしてきました。それが今では無意識で「器具愛護の精神」となって今日に至っています。3分団としてこの「器具愛護の精神」は最高に誇りの持てることです。出席率に関しても年間を通して常に高い出席率を維持することができ、分団の結束力を存分に証明することができました。皆さんお仕事を持ち様々な用事がある中、毎回最高の出席率を維持できたことは今の3分団の雰囲気の良さの現れだと思います。それら1年間の努力が報われ3分団は「優良分団」と「無火災分団」という賞を戴くことができました。「優良分団」は3分団として初めてです。今まで毎年行われてきた特別点検でのフィードバックを分団内で共有し、1人1人がやるべきことをしっかりと理解し行動に移せてきた賜物です。この賞に驕ることなく、小川分団長のもと益々の分団内の結束力を高め常に高みを目指して分団として精進してまいります。結びに特別点検も終わり今年も歳末特別警戒を残すのみです。消防団としてこれからが重要な時期になってきます。「無火災」「無災害」が一番いいことです。「○○は忘れたころにやってくる」という言葉を考えさせないためにも私たち消防団ができることを日々考え行動にできるよう広報活動の充実や徹底に努めていけたらと思います。3分団はこれからも進化し続けます!!


2018.11.18(日)特別点検予習
特別点検予習が飯能日高消防署にて行われました。来週の特別点検本番に向け、3分団は今回もみんなの意識の高さの現れで素晴らしい出席率でした。そして、1部2部共に車両もピカピカで、各々何をすべきかしっかりと判断できていて素晴らしい訓練となりました。この調子で本番を迎えたいです!!


2018.10.28(日) 全団員訓練・交通法規講習
すがすがしい秋空の下「全団員訓練・交通法規講習」が行われました。我ら3分団も最高の出席率で素晴らしい訓練ができました。


2018年9月26日
飯能日高消防署にて「普通救命講習」が行われました。今回3分団の対象者は9名(消防団員は3年に一度受講することになっています。)普及員の皆さんの熱心なご指導の下「もしも~」の時のために全員しっかりと受講してきました。


2018年9月23日(日)
センターにて署員の方々のご指導の下、5分団の皆さんと合同で「救助機資材訓練」を行いました。いつ何時起こるかわからない火事や事故、様々な自然災害に消防団としての役割も今後多種多様に求められます。そのために私たちも訓練に励んでおります。


2018年9月2日(日)
毎年恒例となっております。3分団を中心とした5地区合同避難訓練が避難場所の一つ、西中学校体育館で「は組」の団員にも協力していただき行われました。当日は、雨の中194名の方々に参加していただき様々な訓練を行いました。
 
「は組」の団員による三角巾による応急処置の説明
木村団員による真面目で丁寧な説明風景
田口班長による初期消火訓練の実演
里見団員の優しさあふれる説明のもと、初期消火の訓練風景
岩渕班長による「心肺蘇生法ならびにAED使用手順」の実演
分かり易く、臨場感あふれる実演により、参加された皆さん非常に関心も高く熱心に質問などされていました。
小久保部長、入子団員による丁寧な説明風景
訓練最後はちょうど雨も止み、
梨木部長指揮のもと放水訓練です。
「大勢の皆さんの見守る中、無事に放水できました!!」

2018年6月17日(日)
第31回飯能消防団消防操法大会が開催されました。練習に励んでいましたが、3分団は入賞とはなりませんでした。今回の反省点を活かし、次回は良い成果を発揮できるよう、分団活動にも務めたいと思います。ご指導、ご声援ありがとうございました。


◆2018年4月8日(日)入団式
飯能日高消防署にて平成30年度飯能消防団入団式が行われ、3分団には3名が新たに仲間へと加わりました。消防活動を通して地域の皆様と交流を計り、市民の安全を守るべく従事し、指導をしていきますので本年度もよろしくお願い致します。




過去の活動内容はこちら